ちょす

普段通りに 一杯やりながらカウンター越しに何気なく仲間達と会話を楽しんでいた。

 

そんな中 誰かが 

『あれ ちょしたことある?』と言い出した。

 

それについて みんなで あ〜だ こ〜だ 言っているうちに

また誰かが

 

『それは ちょしたこと ねえなぁ〜』などと 会話の中で『ちょす』が飛び交っていた。

 

何を ちょしたのか ちょされたのか 話の内容は まったく わからないのだが

あまりにも

ちょす ちょす ちょす ちょす と 会話に『ちょす』が出てくるので 『ちょす』の意味は わかっていても自分では使わない言葉の 『ちょす』に だんだんと いらだち を感じながら やんわりと話を変えていこうと思い

 

『しかし 津軽弁って すげぇ よなぁ』と言った瞬間

 

『何が?』...って

 

『えっ!?

津軽弁って「ちょす」だの「ちょした」だの「ちょさいだ」の一言で 通じるじゃん』

 

みんな いっせいに

はぁ〜? 何 言ってんの?コイツと言わんばかりに いっせいに みんなが俺を見た。

 

『え!? だって「ちょす」って津軽弁じゃねぇの?』

 

『はぁ?バガでねが「ちょす」は標準語だべな』

 

あぁ... みんな 酔っぱらって津軽弁と標準語の区別も つけられなくなってしまったんだな。

 

そんな みんなに ちょっと薄笑いしながら 「ちょす」が津軽弁であることを しっかりと証明してやろうと すかさずスマホの辞書で 「ちょす」を調べてやった。

今に見てろ〜 この酔っぱらいどもが  

ひっひっひ〜

 

ところが

ん?ぉわっ!? 

 

『ちょす』

触る、いじる

 

えっ!?辞書に載っている・・・

嘘だ〜

 

逆に みんな 薄笑いして こっちを見てる。

恥ずかしいやらキツネに騙されたような もう何がなんだか わからなくなってきた。

今まで何十年も津軽弁だと思っていた『ちょす』が標準語だったとは。。。

目をこすり何度も辞書を見直して確認しても

 

『ちょす』

触る、いじる

 

あ”〜

『ちょす』って チョット いやらしいようなニュアンスのある津軽弁だと思って 使ってこなかった言葉が標準語だったとは......

 

あ〜  嘘だ 嘘だ〜 

 

 

昨日 こんな夢を見た。

 

そして

ホワンホワンホワ〜ン と モヤモヤしながら目が覚めて

すかさずスマホの辞書を開いて

 

「まさかなぁ?」と思いながら

 

『ちょす』 と入れてみた。

 

『貯水』『貯水槽』『貯水組織』・・・・

 

そうだよなぁ

よかった〜

 

 

胸を撫で下ろした。

 

『ちょす』では出てこなかった。

 

 

それから また別に『ちょす』を調べてみたら 津軽弁だけではなく北海道や仙台の一部でも使われていることが わかった。

 

そんな 夢に ちょされた 自分が いました。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。